Archive

Apr 2021

地下の喫茶店

On
by 卓 坂牛

近所に地下に降りていく喫茶店がありこんなメニューが出ている。コロナ前にはいつか入ってみようと思っていたが、

There is a coffee shop in the neighborhood that goes down to the basement, and there is a menu like this. I was thinking of going in before Corona 、、

2年

On
by 卓 坂牛

4倍に膨れ上がったトネリコが2年の歳月を感じさせる。コロナで1年目検査もしていない。不具合は無いわけではない。異臭が出たり、トイレに水が漏れたり、外壁に水道ができたり、塗装が膨らんだり、ドアノブが取れそうになったり、まあ考えればいろいろあるが、大した話しではないと思えるのはその理屈が分かっているからなのだろう。コロナが行ったら直して貰おう。いつになるかわからないけど。

The ash that swells four times makes me feel two years after moving here. I haven’t asked the constructor to inspect the house in the first year due to Corona. It’s not because we have not had defects. There are a lot of strange odors, water leaks into the toilet, water stain on the outer wall, swelling of paint, and the doorknob is about to come off. Probably because I know the reason. When Corona goes, I’ll get them fixed. I don’t know when it will be.

 

大学院設計

On
by 卓 坂牛

大学院設計授業オリエンテーション。構造は金箱さん、設計は台湾のshin chien 大学のYu-Chienさんがzoomで教えてくれる。今年から理科大で作ったオンラインteach制度を利用。テーマは素材を見つけてきて、ディテールを与え、先ず家具を実際に作る。そしてその原理を応用して100平米のパビリオンをデザインするという課題。
We had graduate design studio orientation. The structure will be taught by Mr. Kanebako, and the design will be taught by Yu-Chien of Shin Chien university at zoom. From this year, I will use the online teach system created at our school. The theme is to find the material, give it detail, and actually make the furniture first. The challenge is to apply that principle to design a 100-square-meter pavilion.

建設物価の異常

On
by 卓 坂牛

今都内の木造住宅の工事単価は100万は超える。20年前独立した頃は70万だったから5割アップである。今都内のS造貸しビル工事単価は150万は超える。35年前僕が日建で最初に設計したSRC造貸しビルは90万を切っていたからこれも5割以上アップである。現在の消費者物価指数は20年前に比べて横ばい、35年前に比べて1割強のアップだから建設物価上昇は異常である。

The construction unit price of wooden houses in Tokyo now exceeds 1 million yen per tsubo. It was 700,000 when I became independent 20 years ago, so it is up 50%. The unit price for construction of S-built rental buildings in Tokyo now exceeds 1.5 million yen per tsubo. 35 years ago, the first SRC rental building I designed at Nikken was less than 900,000, so this is also up by more than 50%. The current consumer price index is flat compared to 20 years ago and is up more than 10% compared to 35 years ago, so the rise in construction prices is crazy.

 

職業としての建築家

On
by 卓 坂牛

「職業としての建築家」を描いてみたいと思っていたら、そういう本が売られていた。その名も『建築家として生きる–職業としての建築家の社会学』である。早速読んで見た。建築士ならぬ建築家とは一体どうやっつくられ、そのエートス(道徳的気風)はなんなのか、という分析をインタビュー調査などから明らかにした社会学の博士論文である。ブルデューに依拠した建築家の捉え方は次のようなもの。建築家とは建築家界(ゲームの土俵)の上でより高いゲームの掛け金(作品と呼ばれる芸術的な建築を、それによって獲得する賞、学歴、職歴など)によってゲームを勝ち上がることに価値を見出す人たち。正しいと思う。だから世の中に100万人いる建築士のほとんどは建築家になろうなどとは思っていないわけである。あるいはこうした建築家のエートスはもはや若い建築を目指す人の中からは消え去り2極化するのかもしれない。でもこうしたエートスが全く消えていくことはないだろう。と内部にいる人間としては感じるところである。

I wanted to write a book about architects as a profession, and I found such a book on sale: “Living as an Architect: The Sociology of Architects as a Profession.” I read it immediately. It is a doctoral thesis in sociology based on interviews and other research, which analyses how architects are made and their ethos (moral climate). Bourdieu’s view of the architect is as follows; An architect is a person who values winning the game to use higher game stakes (artistic architecture, which is called a work of art, and the prizes, educational and professional qualifications that come with it) in the architectural world (the ring of the game). I think they are right. That’s why most of the million architects in Japan don’t try to be architects. Or maybe this ethos will disappear among young architects, and they might become polarised. But it is unlikely that this ethos will disappear altogether.

まな板

On
by 卓 坂牛

まな板は配偶者のこだわりで野菜用、肉用を分けている。匂いが移らずいいのだが、一個一個が小さくなるので、玉ねぎのみじん切りやキャベツの千切りをするとまな板から落ちてしまう。

We have two cutting boards for vegetables and meat, which is my spouse’s preference. It’s okay if the smell doesn’t move, but each one gets smaller, so if you chop the onions or shred the cabbage, they will fall off the cutting board.

論文、料理、建築

On
by 卓 坂牛

昨日ゼミで研究は資料を抽象化して視覚化することだと言った。けさ今晩の献立を考えながら料理は素材を抽象化(美味しいところを取り出して)して味覚化することだなと思った。建築はというと、素材を抽象化して視覚化したのがモダニズムだけど、最近は具象化して触覚化したり、など方法は多岐にわたる。

In a seminar yesterday, I said that research is about abstracting and visualizing materials. This morning while thinking about the menu tonight, I thought that cooking is to abstract the ingredients (take out the delicious parts) and make them taste. When it comes to architecture, modernism is the abstraction and visualization of materials, but recently there are various methods such as embodying and tactile sensation.

不慣れな本屋

On
by 卓 坂牛

僕はいつも東京駅の丸善で本を買う。引っ越したからますます近くなりドア•トゥー•ドアで20分である。どこの本棚に何があるかは拙宅の本棚並みに把握している。新刊は向こうから目に飛び込んでくる。しかしそうなると新刊以外目に入らないという悪しき習慣が身につく。昨日新宿紀伊國屋に行き驚いた。丸善では目に入らない面白い本にいろいろと遭遇したのである。例えば『寝室の歴史』。ワクワクする。たまに不慣れな本屋に行くのもいいものである。

  • I always buy books at Maruzen at Tokyo Station. It’s got closer and closer after I moved, and it’s 20 minutes by door-to-door. I know what is on which bookshelf like my bookshelf. The new issue jumps into my eyes from the other side. However, when that happens, I get a bad habit of not seeing anything other than the new issue. I went to Kinokuniya in Shinjuku yesterday and was surprised. I came across various interesting books that I couldn’t see inMäusen. For example, “History of the bedroom”. Excited. It is also good to go to an unfamiliar bookstore once in a while.